キャッシングブラック

キャッシング審査落ちと申し込みブラックの関係

消費者金融のキャッシングに申し込みをしたけど、借り入れ審査に通らなくてお金を借りることができない、俗にいうキャッシング審査落ち...

 

このキャッシング審査落ちと申し込みブラックには当然ながら深い関係があります。申込ブラックになるとどうして審査に落ちるのか?

 

それでは、キャッシング審査落ちと申込みブラックがどう関係があるのか、以下の例文を使い流に沿って解説していきましょう。

 

 

例: 1件目の○○金融に審査で落ちてしまったAさんは××金融にすぐに申込をしました。

 

→ 審査の為××金融は信用情報機関にAさんの情報を照会します。
→ 閲覧した信用情報データの中に○○金融がデータを参照した履歴が残っていた。
→ しかし○○金融がAさんに与えた借り入れ限度額はゼロだった。
→ つまりAさんは、○○金融でキャッシング審査落ちしたという判断になるのです。

 

このようになると、この××金融に落ちた理由はどうであれ、審査落ちしてすぐに××金融に申し込みをしてきたというのは相当お金に困っている人なのだろうか?

 

、といった推測に行きついてしまったり、○○金融で審査落ちてしまったという事実からキャッシング審査も消極的になる場合があるのです。ただ、この例だと、2件目の申込みだけになります・・・

 

しかし、数件と申し込みが続くと更に状況は悪化することは何となく分かるのではないでしょうか?このように、キャッシング申し込みブラックというのは現実的に存在するものです。

 

なお、6か月間立てば金融機関がデータを照会した履歴が削除されます。申込みブラックだなと自分で判断した場合には、6か月の期間を開けて新しい会社に審査を申し込むのが良いかもしれません。