キャッシングブラック

債務整理とは

債務整理とは、返済することができなくなった借金を、法的手続きによって減額、または、帳消しにしてもらう方法のことをいいます。

 

法的には、多額の借金を負って返済が困難になった場合に、『債務者を再生させる為』の法的手段の総称になります。

 

しかし、借金をしているすべての人が返済ができなくなりました。債務整理したので借金はすべて帳消しです・・・。

 

となってしまったりしたら、経済が回りませんからね。債務整理には法的に認められている方法があって、基本的に、「自己破産」、「任意整理」、「個人再生」、「特定調停」の4つになります。

 

この中で一番有名なのが自己破産で、裁判所が間に入っての債務整理になります。自己破産は、免責が下りた時点で例外を除いては、ほぼすべての債務がなくなります。

 

さらに公にあまり知られている方法ではないですが、個人再生も裁判所が間に入って行う債務整理です。ただ、上記で説明した自己破産とは違い、免責にはなりません。

 

特定調停は、簡易裁判所を通した方法になります。個人でも申請可能なので、例えば、債務整理をしたいけど金銭的に余裕がない、といった場合などに利用することができます。

 

そして、弁護士のCMでよくみかけるの任意整理も債務整理のひとつです。唯一裁判所を通さない方法で、弁護士などに依頼して債務者と債権者の話し合いによって整理が行われます。

 

これらを見ると、債務整理とは一見借金がなくなる良い方法と思われがちですが、当然ながら、その分リスクもついて回るということを頭に入れておかなければいけません。